Blog

私がやるマイズナーテクニックについて

私がやるマイズナーテクニックについて説明します。

「マイズナーテクニック」と言っても講師によってやり方が様々です。

私はスコット・ウィリアムズのやり方を踏襲していて、スコットはネイバーフッドプレイハウスでサンフォード・マイズナーから直接学びましたが、そこから彼なりに少し改良を加えました。

私はサンフォード・マイズナーのやり方は本やビデオからしか知りませんが、スコットのやり方は元と比べてより相手のbehaviour(行動/態度/挙動/振る舞い。僕は「挙動」と言っています)を言うことを基本としています。

一方、元のやり方や他の講師では、リピテションエクササイズで相手の印象や相手の感情などを言うこともあるようです。


挙動を基本としている理由は、

1.相手の印象や感情を言うと、思考に寄ってしまいやすい。

2.相手の内面で起きていることは分かりえないし、自分の主観・推測の域を出ない。

3.印象や感情は言った人の主観に過ぎないので、言われた方がブロック(否定)してしまうことが多い。

4.印象をOKにすると、単なる悪口になってしまうことがあり不健全。

5.「あなたは悲しい」「私は悲しい」などと繰り返していると、だんだんそういう気分になってくることがある。たとえそのつもりはなくても言ったほうが相手を操作してしまうことがある。

6.人は自分が感じていることを相手が感じていると勘違い(投影する)ことがある。(そして本人は自分が感じていることに気付いていない/認めない)

7.人は相手を動かすために、相手の感情を推測して言うこともある。(しかも言った本人は自分の意図に無自覚である)


人は他者の感情を、相手の身体上に起きていることを通して、感じています。(それと文脈)

「この人は怒っている」と、たとえば声が大きくなったり眉間にシワが寄ったり目つきが鋭くなったり顔が赤くなったり身振りが大きくなったりする変化、つまり挙動を通じて解釈しているのです。

それならば、挙動を言うことに徹しておけば、観察も鋭くなりますし、主観ではなく事実なので言われた側も否定はできません。よりシンプルに健全に練習ができるという考え方です。

シンプルさはリピテションの鍵です。考えた演技ではなく、衝動的で肚の中で感じているものが表れるような真実味のある演技を手に入れるためのトレーニングですから、シンプルさを大切にしたほうが良いのは疑いようがないでしょう。

相手の感情を解釈しなくても、私たちは挙動ひとつで感じることができます。


また、このトレーニングは自己開放のためでも、感情を表現するためのものではなく、
主眼は「目の前の相手から受けたものに(衝動を抑えずに)反応する」ことで、常に真実のある状態で相手と交流する(そして扱える反応の幅も広げていく)という考え方です。

自分がどう反応するか、自分に何が起きるかは、相手がすること次第です。


4については問題外なのですが、実際私もそういう経験をしたことがあります。

ロンドンのスコットのもとで学んでいたとき、クラスメイトの友だちと練習をしたことがありました。その友だちは別のところで学んでいて、これまた別のところで経験がある人たちも参加していました。そこで「You’re samurai」「You’re dick」「You’re dumbhead」といったことをリピテションで言われました。相手が怒らせようとしている意図も感じたし、その時点で相手の言動を100%受け取らないブロッキングを私がしてしまい、かみ合わない練習でした。その後数週間引きずるような経験で、具体的に何が問題だったのか、どうすればよかったのか考えました。精神的にダメージを負ったのだと自分で分かるのに少し時間がかかりました。それからその練習に私は参加しませんでした。

マイズナーの言葉で「礼儀なんてくそくらえ」というものがありますが、それは無礼になれということではありません。衝動を抑えずに、その瞬間感じたままに反応するために邪魔となる礼儀正しさや遠慮を取り払えということです。

残念ながら、その遠慮を取り払いバトルをさせるために、相手の印象を悪意を持たせて言うやり方もあるようです。あるいは相手の服装についての良し悪しを言うやり方も。

それぞれのやり方が作られたのには、それぞれの理由があります。
ですが、問題大きすぎると思うものもあります。それで技術が身につくのだろうかと。そのトレーニングをやる人は苦痛ではないだろうかと。


相手の身体に関することや服装など外見に関することに言及するやり方もあるようですが、私は避けます。

一つは、技術的なメリットが小さいため。外見は変化しません。リピテションの最中に髪型や服の色が変わることは基本的にないでしょう。それらに触れることはあまり観察力を要しません。
リピテションで挙動をピックアップすれば常に相手へと意識を向け、毎瞬間「今」「今」「今」と相手に呼応した演技ができるようになります。過去もこれからも変化しないものに注意を向けるメリットは小さいです。

二つ目は、外見、特に身体的なことに触れるのは、その意図がなくても傷つける可能性があるためです。

リピテションエクササイズで起きたことはその中で完結します。終わったあとは切り替えます。エクササイズのなかで喧嘩しようが愛し合おうが、それはプライベートとは関係がありません。だからこそ、抑制を外して衝動のままに自由に相手と関わることにチャレンジできます。
でも身体の気にしている部位について言及されたりしたら切り替えがしにくくなり、稽古場は思い切り飛び込める場所ではなくなってしまうでしょう。


これまで説明してきたことは、全て相手のことを言うという前提でしたが、自分のなかで起きていることを言うやり方もあります。

これを私のところでしない理由は、自分に意識を向けるのは演技にあまりプラスにならないからです。

相手に常に意識を向ける理由は上記の通りで、マイズナー自身も「ただでさえ自分に関心の強い俳優という生き物を更に内向きにさせてどうする」ということを(これはリー・ストラスバーグの手法について語ったことですが)言っていました。「今、自分が何を感じているか?」を確かめる、感じようとするのは俳優くらいです。普段、人はそういうことをしません。(自分が何を感じているのかあまりにも分からなくなってしまった場合、またはあまりにも抑制が強く自分の反応を出せない場合は、そうするメリットもあります)
結果的に、演技をするときも自分がいかに表現するかに意識がいきやすくなってしまうでしょう。

台本でも、登場人物自身が何を感じているかをそのまま喋るケースは多くありません。大抵は自分の本心を隠したり、意図を言葉意外の手法で間接的に伝えようとします。


ちなみに、相手の挙動を言うという「基本」ですが、そこから外れる瞬間があっても良いです。ただし挙動を言うという基礎の型を大事にすること。それによって「相手を観察し反応する」という技術が確立されます。そしてその型を外す場合、確立した型を外れるだけの強い衝動があったときのみ意味を持ちます。無着成恭氏が語った、型がある人間が型を破ると「型破り」で型がない人間が型を破ったら「形無し」という言葉の通りです。


技術面では大まかに以上です。

繰り返し断っておくべきですが、それぞれのやり方には理由があります。良い悪いとは、明らかな害がないかぎり言えるものではありません。それぞれに強みとその反対があります。学ぶ側も自分の目指す演技に合うものを選択できれば良いです。


技術面と同じように私が重要視しているのは、教え方と伝え方、そして稽古場の環境です。
私は俳優を精神的に追い込むようなやり方は、それが結果を出すためであっても嫌いますし、害が大きいので取りません。また、俳優が講師の評価を求めるようにならないよう、伝える内容と伝え方を考えます。

練習は、持続可能なものではないといけません。そのためには健全でないと。精神的ダメージを強く負うようなものは続けられません。トレーニングで傷つく必要はありません。


これから技術を習得していこうとする方、これから創作の担い手となる方がより良い形で学べるように、学ぶ場を整え、使える技術を手渡せるようにしたいです。